第100回 全国高等学校野球選手権記念大会 都道府県別出場校数

第100回 全国高等学校野球選手権記念大会 都道府県別出場校数をまとめてみる。
2018年の大会です。

2019年の大会はこちら。

第101回 全国高等学校野球選手権大会 都道府県別出場校数

 

記念大会の為、56地区から代表校が選出される。
埼玉は北埼玉、南埼玉、
千葉は東千葉、西千葉、
神奈川は北神奈川、南神奈川、
愛知は東愛知、西愛知、
大阪は北大阪、南大阪、
兵庫は東兵庫、西兵庫、
福岡は北福岡、南福岡として掲載。
前年比は合計の値と比較した時の値を記載する。

最多は東東京の132、最少は鳥取の24。
連合チームがかなり増えているようだ。
連合チームの場合も1チームとして記載。

全体としては前年3840チームから53チーム減の3787チームが参加している。
全体の出場校数としても例年通り減少傾向が見られる。

以下は都道府県コード順 。

出場校数 前年比 出場校数 前年比
北北海道 95 + 1 三重 61 2
南北海道 106 4 滋賀 50 1
青森 59 5 京都 75 2
岩手 66 2 北大阪 88 1
宮城 67 2 南大阪 87
秋田 44 3 東兵庫 90 0
山形 48 1 西兵庫 72
福島 78 0 奈良 39 1
茨城 98 0 和歌山 39 0
栃木 59 2 鳥取 24 1
群馬 64 1 島根 39 0
北埼玉 74 + 2 岡山 59 0
南埼玉 84 広島 88 2
東千葉 83 5 山口 58 2
西千葉 80 徳島 31 0
東東京 132 2 香川 38 0
西東京 130 + 2 愛媛 59 1
北神奈川 94 3 高知 28 0
南神奈川 92 北福岡 63 1
新潟 82 2 南福岡 70
富山 48 + 1 佐賀 40 1
石川 46 3 長崎 57 0
福井 30 0 熊本 61 2
山梨 35 1 大分 44 1
長野 85 0 宮崎 48 1
岐阜 68 0 鹿児島 70 3
静岡 111 1 沖縄 65 + 2
東愛知 85 2
西愛知 101

 

 

 

出場校数順に並べてみる。

例年なら神奈川、愛知のどちらかがトップだが、今回は東東京、西東京が1位、2位になっている。

出場校数 出場校数
1 東東京 132 29 沖縄 65
2 西東京 130 30 群馬 64
3 静岡 111 31 北福岡 63
4 南北海道 106 32 三重 61
5 西愛知 101 33 熊本 61
6 茨城 98 34 青森 59
7 北北海道 95 35 栃木 59
8 北神奈川 94 36 岡山 59
9 南神奈川 92 37 愛媛 59
10 東兵庫 90 38 山口 58
11 北大阪 88 39 長崎 57
12 広島 88 40 滋賀 50
13 南大阪 87 41 山形 48
14 長野 85 42 富山 48
15 東愛知 85 43 宮崎 48
16 南埼玉 84 44 石川 46
17 東千葉 83 45 秋田 44
18 新潟 82 46 大分 44
19 西千葉 80 47 佐賀 40
20 福島 78 48 奈良 39
21 京都 75 49 和歌山 39
22 北埼玉 74 50 島根 39
23 西兵庫 72 51 香川 38
24 南福岡 70 52 山梨 35
25 鹿児島 70 53 徳島 31
26 岐阜 68 54 福井 30
27 宮城 67 55 高知 28
28 岩手 66 56 鳥取 24

 

 

こんな記事も書いています。

第95回 全国高校野球選手権記念大会 都道府県別出場校数

第96回 全国高校野球選手権大会 都道府県別出場校数

第97回 全国高校野球選手権大会 都道府県別出場校数

第98回 全国高校野球選手権大会 都道府県別出場校数

第99回 全国高校野球選手権大会 都道府県別出場校数

 


野球ブログランキングに参加しています。
お役に立てたらクリックお願いします。
同じランキングに参加している他の方の記事も読めます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です