AZ-304 – Microsoft Azure Architect Design 合格

2021年1月9日(土)

 

13時半から秋葉原のテストセンターでAZ-304 – Microsoft Azure Architect Designの試験を受験してきた。
AZ-304 – Microsoft Azure Architect Designは日本語で受験できる。
結果は想定外の合格。
しかも疑惑の898点と高得点。
なぜ疑惑なのかは後述。

 

マイクロソフトがパートナー向けに実施している4日間の研修には参加させてもらったが、あまり勉強できていなかったので、まったく合格する自信はなかった。
とりあえず、1回目はどんな問題が出るのかを知るために受験したようなものだった。

 

理解度の内訳は以下。
真面目に見ると、65%ぐらいしか得点できていないように見える。
65%だと不合格だけど。。。

 

監視の設計(10-15%):約50%
IDおよびセキュリティの設計(25-30%):約60%
データストレージの設計(25-30%):約65%
ビジネス継続性の設計(10-15%):約80%
インフレストラクチャの設計(25-30%):約75%

 

問題は59問。
最初の5問がシナリオ問題
その後の54問が1問ずつの問題でそのうちの最後の6問がYes/No問題で3問1セットの問題が2つだった。

 

6割ぐらいは回答に自信がない問題だった。
500-600点ぐらいを想定していた。
なぜ約9割のスコアで合格になったのかは不明。
確実に不合格だと思って終了のボタンを押したので、再試験に備えて必死で出た問題を忘れないようにしていた。
まさかの合格で出ていた問題を忘れてしまった。
ストレージに関する問題、SQL Databaseに関する問題、コンテナに関する問題がやたら多かったように感じた。

 

勉強方法はマイクロソフトがパートナー向けに実施している研修に出たのと、そこで使ったテキストを1回読んだだけ。
本当はここに出ている内容も一通り目を通そうと思っていたが、全然間に合わず。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/certifications/exams/az-304
ここに出ている内容はボリュームがありすぎて一通りやったら、どれだけの時間がかかるのだろうか。

 

次は今回の試験とセットになっているAZ-303: Microsoft Azure Architect Technologiesをパスして、Microsoft Certified: Azure Solutions Architect Expertの資格を取得したい。
今回1回で合格できたので、かなり気が楽になった。
AZ-304も早々に予約して準備しよう。

 

追記
他の方の体験記を発見し、見てみたところ、私と同様に理解度のグラフと実際の点数に大きな乖離があった。
そういうものなのかもしれないな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。