DP-900 Microsoft Azureのデータの基礎 合格

2022年2月7日(月)

 

11時から秋葉原のテストセンターでDP-900 Microsoft Azureのデータの基礎を受験してきた。
日本語対応しているので、日本語で受験してきた。
結果は877点で合格。
一通り解き終わった後の感触としても合格だろうと思ったけど、比較的余裕のある点数で合格できて良かった。

 

理解度の内訳は以下。
満遍なく80%以上得点できていた。
ただ、資格の名前にもあるように基礎の試験なので、これぐらいの点数で満足していてはいけない。

 

問題は45問。
時間は45分なので、1問1分のペース。
見直しの時間含めて30分で終わったので、普通に解けば時間を気にしなければいけないような試験ではなかった。
シナリオ問題はなし。

 

1ページの中に複数の質問があって、Yes/Noを選ぶような問題が多かった。
こういう出題の場合は、全部が正解ではなくても部分点がもらえるようだ。

 

自分がおこなった勉強法を紹介する。

会社がマイクロソフトのパートナーなので、マイクロソフト公式演習テストを無料で受けられる。
その為、マイクロソフト公式演習テスト(約150問)を2回ずつ解いた。

 

公式問題集は英語しかない。
解説もしっかりしているので、試験対策にもなるし、勉強にもなる。
日本語であれば、もっとありがたいのだが。

公式問題集だけで試験に臨むつもりだったけど、前日に以下の試験対策のオンライン講義を見つけた。
全部は見る時間がなかったけど、公式問題集よりもこっちを先に見ておいた方が理解が早かった気もする。

 

DP-900 : Microsoft Azure Data Fundamentals 試験対策

210分と結構なボリュームだけど、何問かそのまま試験に出た問題もあった。
公式問題集では触れていない問題もあったので、助かった。

 

次に取りたい資格はDP-203: Microsoft Azure でのデータ エンジニアリング。
DP-900よりは難易度が高い資格なので、しっかり準備したい。
1か月後には取得したい。

 

1か月どころか半年以上かかってしまったけど、DP-203を合格した際の記事はこちら。
DP-203 Microsoft Azureでのデータエンジニアリング 合格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です