広陵高校出身の現役プロ野球選手

広陵高校のWikipediaから現役のプロ野球選手をリストアップして、その通産成績をまとめてみた。2016年に最初に記事を公開した当時の現役選手で、それ以降に引退した選手についてはそのまま掲載します。

 

特徴としては高卒でプロ入りする選手は少ない。
驚くことにここ最近、プロ入りした選手はすべての選手が1軍で試合に出場している。1軍で試合出場することなく、引退する選手が全くいないというのは、すごいことだ。5年以内に戦力外になる選手もいない。

タイトルホルダーになる選手も多い。

 

広陵高等学校 (広島県)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E9%99%B5%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1_(%E5%BA%83%E5%B3%B6%E7%9C%8C)

2021年終了時までの通算成績を記載しました。

 

新井良太 (駒澤大学-2006年大学生・社会人D4位-2011年阪神-2017年引退) 12年

 

西村健太朗 (2003年D2位-巨人-2018年引退) 15年
最多セーブ:1回 (2013年)

 

白濱裕太 (2004年D1位-広島) 17年

 

上本博紀 (早稲田大学-2008年D3位阪神-2020年引退) 12年

 

藤川俊介 (近畿大学-2009年D5位阪神-2021年引退) 12年

 

吉川光夫 (2006年高校生D1位-日本ハム→2017年巨人-2019年日本ハム-2021年西武-2021年引退) 15年
最優秀防御率:1回(2012年)、最優秀選手:1回(2012年)
ベストナイン:1回(投手部門:2012年)

 

野村祐輔 (明治大学-2011年D1位-広島) 10年
最多勝利:1回(2016年)、最高勝率:1回(2016年)
ベストナイン:1回(投手部門:2016年)、新人王(2012年)

 

小林誠司 (同志社大学-日本生命-2013年D1位-巨人) 8年
ゴールデングラブ賞:1回(捕手部門:2017年)

 

土生翔平 (早稲田大学-2011年D4位-広島-2018年引退) 7年

 

中田廉 (2008年D2位-広島) 13年

 

上本崇司 (明治大学-2012年D3位-広島) 9年

有原航平 (早稲田大学-2014年D1位-日本ハム-2021年レンジャーズ) 7年
最多勝利:1回(2019年)

 

福田周平 (明治大学-NTT東日本-2017年D3位-オリックス) 4年

上原健太 (明治大学-2015年D1位-日本ハム) 6年

吉持亮汰 (大阪商業大学-2015年D2位-楽天-2019年育成契約) 6年

佐野恵太 (明治大学-2016年D9位-DeNA) 5年
首位打者:1回(2020年)、ベストナイン:1回(外野手部門:2020年)

太田光 (大阪商業大学-2018年D2位-楽天) 3年

中村奨成 (2017年D1位-広島) 4年

吉川雄大 (東海大学-JFE西日本-2021年D7位-楽天) 0年

 

 

こんな記事も書いています。
横浜高校出身の現役プロ野球選手

大阪桐蔭出身の現役プロ野球選手

八戸学院光星出身の現役プロ野球選手

 

 

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
野球ブログに登録しております。
リンクをクリックすると、にほんブログ村の野球ブログに移動します。
また私のモチベーション向上につながります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。