第104回 全国高等学校野球選手権大会 都道府県別出場校数

第104回 全国高等学校野球選手権大会 都道府県別出場校数をまとめてみる。
2022年の大会です。

 

最多は愛知の175、最少は鳥取の22。
連合チームの場合も1チームとして記載。

 

全体としては2021年の第103回大会の3605チームから56チーム減の3549チームが参加している。
全体の出場校数としても例年通り減少傾向が見られる。

 

2015年 3907
2016年 3876
2017年 3840
2018年 3787
2019年 3730
2020年 中止
2021年 3605
2022年 3549

 

第100回の記念大会に、2校出場していた地域の前年比は東西もしくは南北の合計と比較している。

 

以下は都道府県コード順 。
※出場校数は朝日新聞の以下のサイトを参照
http://www.asahi.com/koshien/?iref=com_gnavi

 

出場校数 前年比 出場校数 前年比
北北海道 74 1 三重 61 3
南北海道 102 0 滋賀 52 + 2
青森 50 3 京都 72 1
岩手 59 2 大阪 165 2
宮城 64 2 兵庫 157 0
秋田 39 2 奈良 35 2
山形 43 1 和歌山 37 2
福島 68 0 鳥取 22 0
茨城 93 + 3 島根 38 1
栃木 58 2 岡山 57 1
群馬 61 0 広島 83 4
埼玉 147 2 山口 54 0
千葉 153 4 徳島 29 1
東東京 127 3 香川 38 0
西東京 125 2 愛媛 54 2
神奈川 170 6 高知 24 0
新潟 71 3 福岡 136 + 1
富山 42 1 佐賀 36 1
石川 44 1 長崎 51 1
福井 28 2 熊本 55 0
山梨 33 0 大分 44 0
長野 76 1 宮崎 47 0
岐阜 67 0 鹿児島 64 + 1
静岡 108 0 沖縄 61 0
愛知 175 4

 

以下は出場校数の降順。

出場校数 出場校数
1 愛知 175 26 栃木 58
2 神奈川 170 27 岡山 57
3 大阪 165 28 熊本 55
4 兵庫 157 29 山口 54
5 千葉 153 30 愛媛 54
6 埼玉 147 31 滋賀 52
7 福岡 136 32 長崎 51
8 東東京 127 33 青森 50
9 西東京 125 34 宮崎 47
10 静岡 108 35 石川 44
11 南北海道 102 36 大分 44
12 茨城 93 37 山形 43
13 広島 83 38 富山 42
14 長野 76 39 秋田 39
15 北北海道 74 40 島根 38
16 京都 72 41 香川 38
17 新潟 71 42 和歌山 37
18 福島 68 43 佐賀 36
19 岐阜 67 44 奈良 35
20 宮城 64 45 山梨 33
21 鹿児島 64 46 徳島 29
22 群馬 61 47 福井 28
23 三重 61 48 高知 24
24 沖縄 61 49 鳥取 22
25 岩手 59

 

第104回 全国高校野球選手権大会の上位進出校は以下の通り。
優勝 仙台育英(宮城)
準優勝 下関国際(山口)
ベスト4 聖光学院(福島)
ベスト4 近江(滋賀)
ベスト8 愛工大名電(愛知)
ベスト8 大阪桐蔭(大阪)
ベスト8 九州学院 (熊本)
ベスト8 高松商 (香川)

 

 

こんな記事も書いています。

夏の甲子園の直近3大会(第101回、第103回、第104回)で勝利数が多い都道府県はどこか

大阪桐蔭出身の現役プロ野球選手

花咲徳栄出身の現役プロ野球選手

横浜高校出身の現役プロ野球選手

 



 



 



 


野球ブログランキングに参加しています。
お役に立てたらクリックお願いします。
同じランキングに参加している他の方の記事も読めます。

 

追加キーワード:参加校数、高校野球、学校数、チーム数、高校数、甲子園

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。