プルデンシャル生命の米国ドル建リタイアメント・インカムを解約しました

2022年6月24日(金)

 

プルデンシャル生命の米国ドル建リタイアメント・インカムを解約した。
とりあえず、担当営業にメールで解約の意志を伝えたところ、電話で内容を確認し、解約担当からまた電話があって解約できた。
スムーズに解約できたと思う。

 

解約した保険の内容は死亡時の保証として50,000$。
保険料は2322.5$を年1回支払う。

 

他にも1500万円の死亡保障と、死亡時の家族収入特約として65歳になるまで月10万円の保障には入っている。こっちは引き続き契約している。
加えて50,000$の保障は手厚すぎると考えていた。
マンションも購入済みなので死亡時は団信で住宅ローンはなくなるし。

 

加えて、今の超円安が背中を押してくれた。
今まで$で16396.82$が払い込み済みだった。
為替変動により毎年、円での支払額は変動していて、合計で1,834,134円支払っていた。
解約返戻金は14,034.41$で約85.59%になってしまう。
しかし1$134円で計算すると、約1,880,610円になるので、円だと4万円強多く返ってくることになる。
解約返戻金が投資額より多少目減りすることはやむなしと思っていたが、プラスになってくれたのはありがたかった。

 

過去の支払額。
2015年11月 2322.50ドル 286,130円 (1ドル123.20円)
2016年11月 2345.72ドル 246,557円 (1ドル115.10円)
2017年11月 2345.72ドル 266,027円 (1ドル113.41円)
2018年11月 2345.72ドル 266,261円 (1ドル113.51円)
2019年11月 2345.72ドル 255,964円 (1ドル109.12円)
2020年11月 2345.72ドル 245,948円 (1ドル104.85円)
2021年11月 2345.72ドル 267,247円 (1ドル113.92円)
合計支払額 1,834,134円

 

戻ってきたお金は自分で投資をする予定。
今までの投資実績からすると、自分で投資した方が利回りは良い。

 

2022年6月28日追記
早速、解約返戻金として1,907,978円が振り込まれていた。
6月24日(金)に解約の連絡して、6月28日(火)には解約返戻金が振り込まれていた。

 

契約した時のブログ記事は以下。

プルデンシャル生命の米国ドル建リタイアメント・インカムを契約しました

プルデンシャル生命の生命保険に入りました

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。