北海道旅行(1)

2020年11月7日(土) – 2020年11月10日(火)

 

今回は奥さんと2人で北海道に旅行に行ってきた。
GoToトラベルキャンペーンを利用して行ってきたので、2人で3泊4日宿代、航空券、レンタカー込みで約50,000円で行くことができた。
さらにGoToトラベル地域共通クーポン13,000円相当がもらえた。

この旅行はジェイトリップツアー をから申し込みをしています。

ジェイトリップツアー 北海道から沖縄まで国内格安旅行

 

行きの便が朝早めの飛行機が取れず、羽田空港13時30分出発の便で新千歳空港に向かう。
コロナの影響はまったくなく、飛行機は満席だった。
飲み物のサーブも行われていた。

 

15時に新千歳空港に到着。
レンタカー会社のバスでレンタカー会社まで移動。
保険に加入したが、保険の支払い4400円をGoToトラベル地域共通クーポンで支払った。
保険の支払いにも使えるとは思っていなかったので、ちょっと驚き。
この日は18℃ぐらいあって、東京都変わらない気温だった。

 

1日目はこのまま札幌のホテルに直行。
1泊目のホテルはホテルレンブラントスタイル札幌。
17時頃には到着。
すすきのど真ん中のホテルだった。
駐車場1200円が別にかかった。

 

かなり良い感じのお部屋だった。
部屋はセミダブルの部屋からツインに変更してくれていた。
お風呂がユニットバスではないのも良かった。
加湿器もあった。
スマホの充電もしやすい環境だった。

 

夕飯を食べに出かけた。
奥さんの希望で串鳥という焼鳥屋さんに行くことに決めていた。
串鳥は仙台にも店舗があって、よく行っているが、北海道が1号店で店舗も多い。
直前にホットペッパーから予約して、Go To Eat キャンペーンの対象にしてもらった。
以前にもらっていたポイント2000Pも使った。

 

串鳥 南二条店に歩いて行った。
17時45分に入店
早い時間の割には人が多くて驚いた。

 

お通しとしてもらえる鶏ガラスープがおいしい。
基本的なメニューは仙台でも北海道でも変わらない。
店長おまかせセットというのは仙台ではなかった。
お得だったので、2本ずつもらった。
焼鳥はやっぱりおいしかった。
2人で8000円弱だった。
ここから2000P引いてもらった。

 

このあとはお土産を見てから、ホテルに20時過ぎには帰宅。
お風呂に入って、22時過ぎには寝てしまった。

 

7時前に起床。
8時からホテルの朝食。

 

最初に決まったメニューが提供される。
ゆで卵、ウィンナ、サラダ、デザートなどが用意されていて、それは自由に食べることができる。
刺身、イクラ追加も皿単位で追加注文ができる。

 

お刺身は新鮮でおいしかった。
イクラと刺身は1回だけおかわりした。

 

9時40分にホテルをチェックアウト。
2日目は小樽観光を予定していたので、小樽へ向かう。
10時半前に小樽に到着。

 

駐車場は600円で1日停められる駐車場が空いていたので、そこに停めた。
気温は5,6℃で寒かった。

 

すぐに小樽運河クルーズに向かった。
1500円。

 

11:00出発の便だけど、随時出向している感じだった。
一応、一人一人腰に巻いておく浮き輪が渡されて装着する。

 

ボートは40人乗りで、所要時間は35-40分。
小樽の歴史や紹介も聞けるので、観光する前に、小樽運河クルーズに来て良かった。

 

橋の下が鳩やカラス、燕の巣になっているところがおもしろかった。
鳩は狭い隙間に入っていて、おもしろかった。

あんかけやきそばが小樽の名物であることは初めて知った。

 

 

奥さんが行きたがっていたびーどろ館に行った。
その後、堺町通りのお店を散策。
ガラス製品を見たり、お土産のお菓子を見たりした。
奥さんは小樽とは関係ないムーミンのグッズを大量に買っていた。

 

六花亭があって1個100円のシュークリームがあったので、食べてみた。
おいしかった。

 

その隣には北菓楼があった。
北海道展とかでよく買っているおかきを実家用のお土産に買った。
2000円以上買うと、ミニソフトクリームがもらえた。
自分たち用にも買って2000円は超えたので、ソフトクリームも食べた。

 

奥さんの買い物時間が長くて疲れたし、お腹も減った。
お昼ご飯は滝波食堂というところに行くことにしていた。

 

堺町通りの端から向かうとかなり遠かった。
15分ぐらい歩いて向かった。
三角市場の中にあるお店だった。

 

着いたのが15時頃だったのに、店の前に行列になっていた。
20人以上待っていた気がする。
20分待ちぐらいだと言われたので、待つことにした。
大体、そのぐらいの時間で店内に入れた。

 

わがまま丼 という3種類の好きなネタを選べる丼を注文した。
自分はいくら、うに、かにで注文した。
値段は2200円。
これで2200円なら、お得かも。
まっぷるを見せると、カニ汁をサービスしてもらえた。

 

うにが甘くておいしかった。
かにといくらもたくさん食べられて満足。
かに汁のかにはあまり食べるところはなかった。

 

三角市場にあるお店でホタテの貝柱を物色。
色々なお店で貝柱を見て、1個1000円ぐらいの貝柱を購入。
貝柱はピンキリだから、どれを買うのか難しい。

 

駐車場に戻るころには、暗くなり始めていた。
旧手宮線という廃線になった線路が残されていた。
ライトアップされている運河も奇麗だった。

 

16時20分頃には小樽を出発した。
17時40分頃にはホテルに到着した。

広島、島根、鳥取旅行(3)

2020年3月19日(木) – 2020年3月21日(土)

 

今回は彼女と彼女のお母さんの3人で中国地方に旅行に行ってきた。
3日目は6時過ぎに起床。
8時ぐらいにホテルエリアワン境港マリーナをチェックアウト。

 

すぐ近くの大漁市場なかうらに向かう。
http://www.e-tairyo.com/

 

目的はがいな鬼太郎。
がいなは鳥取の方言で巨大を意味するらしい。
がいな鬼太郎やねずみ男の像があるので、記念撮影を堪能。
まだ朝早かったからか、他のお客さんはいなかったので、思う存分写真が撮れた。

 

お店自体も8時から開店している。
入口そばには鬼太郎のお土産コーナーもある。

 

色々なお土産が揃っているし、魚やカニも買える。
蟹味噌をお土産に購入。

 

朝ごはんを食べるためにお食事処 かいがんに向かった。
朝ごはんはかに丼を食べたいと思っていた。
9時15分に到着。
4組待ちだった。

 

お店に入ってから、前日に行った海心の姉妹店であることに気づいた。
メニューがほとんどおなじだったので、そういえば、前日に見ていたチラシにも書いてあったなと気づいた。

 

違うものを食べたいと思ったので、別のお店を探す。
意外と朝早くからやっているお店が少なく、お店探しに手間取る。

 

境港のさかな塾に行ってみたが、10時開店でまだ開店前。
境港さかなセンターの美なと亭の方が良いのでは思い、行ってみたがかに丼はないことに気づき、また境港のさかな塾に戻るというてんやわんやの展開。
彼女とお母さんには迷惑をかけてしまった。

 

結局、10時を過ぎて境港のさかな塾に入った。

蟹が食べたかったので、かに丼1100円を注文。
欲張って甲羅入り蟹みそ450円も注文。

 

 

かに丼はおいしかったけど、1100円という値段相応といった感じ。
味噌汁がかなりクオリティが低くて驚いた。
海鮮で出汁を取っているわけでもないし、普通の味噌汁としてもレベルが低かった気がする。

 

 

その後は水木しげるロードに向かった。
水木しげるロードは結構、人が多かった。
商店街の両側に鬼太郎の登場キャラクターの像が立っていて、面白かった。
あっちこっちで写真を撮っていたので、結構疲れた。

 

途中から妖怪ガイドブック120円を購入し、スタンプラリーもやり始めた。
妖怪ガイドブックはほとんどのお店で売られていた。
20個以上スタンプを集めるとのん氣シールがもらえて、35個のスタンプを集めると完走証がもらえるらしい。

 

食べ物を売っているお店も多く、色々と買い食いしていた。
グラタンコロッケ150円、いか焼き、妖菓目玉おやじなど。
目玉おやじの饅頭は1個400円もする饅頭だった。
味は意外とおいしかった。

 

水木しげる記念館には入らず。
スタンプは20個以上は集めたけど、のん氣シールはもらいに行かなかった。

 

帰りの飛行機の時間もそんなに余裕がなかったので、12時20分頃には出発した。
帰りの空港も広島空港だったので、中国地方を再び横断した。
と言っても彼女が一人で2時間以上運転をしてくれたので、自分は助手席に座っているだけだった。
この旅では7割以上彼女が運転をしてくれたので、とても助かった。

 

ガソリンを満タンにして、15時10分にはオリックスレンタカーに到着。
シャトルバスで15時25分頃には広島空港に到着。

 

フライトは16時50分でまだ時間があったので、腹ごしらえ。
麺屋 雄で尾道ラーメンを注文。
空港クオリティなのか、至って普通だった。

みっちゃんで広島焼も注文。

空港で食べるからなのか、初日に食べた長田屋には負けていたな。
マヨネーズが袋のマヨネーズだったし、味も長田屋と比べたら、劣っていた。

 

この一角はフードコートのようになっていたので、ラーメンと広島焼が一緒に食べられた。

 

16時50分に広島空港を出発し、18時10分に羽田着。
19時30分には家に着いた。

 

この旅行はジェイトリップツアー をから申し込みをしています。

ジェイトリップツアー 北海道から沖縄まで国内格安旅行

広島、島根、鳥取旅行(2)

2020年3月19日(木) – 2020年3月21日(土)

 

今回は彼女と彼女のお母さんの3人で中国地方に旅行に行ってきた。

 

2日目は6時過ぎに起床。
ホテルエリアワン広島ウィングの温泉に入り、前日に買っていた朝ごはんを食べて、当初予定していた8時ぐらいには出発。
彼女と2人の時には予定から遅れることが多いけど、お母さん効果で予定通りの出発。

 

2日目は出雲大社へ向かう。
最初は彼女が運転してくれた。
というか高速道路に途中で休憩するところがなく、大部分彼女が運転してくれた。

 

11時20分頃に出雲大社に到着。
近くの無料の駐車場に停めることができた。

 

3連休初日ということもあり、勢溜(せいだまり)の大鳥居では人は結構多かった。

 

松の参道を進むと、御神像が見えてくる。
大国主大神(オオクニヌシノオオカミ)の像。

 

手水舎でお清めをして、銅鳥居へ。

拝殿も奥に見える。

 

 

拝殿のしめ縄が巨大で圧倒された。
参拝は二礼四拍手一礼になるらしい。

 

八足門から本殿に参拝する。
本殿の様子はここからだとよく見えない。

 

 

本殿の裏側の様子はこんな感じ。

 

境内には 神話「因幡の白兎」を基に作られたウサギの像がたくさんある。

 

御朱印が欲しい人が行列になっていた。
それでも回転が良いのか、15分ぐらいで御朱印を買いえてもらえた。
参拝という文字とハンコだけなので、出雲大社感があまりないが。
御朱印の金額指定はないらしい。

 

おみくじを引いたところ、結婚よい、移転よいだった。

 

出雲大社のことをあまり勉強せずに行ってしまったけど、このあたりを行く前に見ておけばよかった。
https://www.izumo-kankou.gr.jp/676

 

お昼ご飯は出雲そばを食べることにした。
出雲大社のそばにある八雲に行くことにした。
https://tabelog.com/shimane/A3202/A320201/32000075/

 

13時5分に到着。
4組待ち。

 

20分待って、入店。
三色割子1130円を注文。

 

五色割子1830円とちょっと迷ったけど、三色割子にしておいた。
10分ぐらいで到着。

 

蕎麦だしをかけて食べるスタイル。
コシがあって、そば自体がとても美味しかった。
生卵、とろろ、天かすもどれも美味しくて、ペロリと完食。
五色でもいけたな。

 

彼女が食べていた二色天ぷら割子2140円もおいしそうだった。

 

食後に神門通りに行って、お土産などを物色。
試食してみておいしかったので、出雲大社で行われる福神祭でふるまわれてきた伝統料理「うず煮」を買ってきた。
量の割にやや高いけど。

 

その後、近くにある島根ワイナリーに向かった。

 

15時10分に到着。
ワインの試飲がし放題。

 

この後の車の運転は彼女に任せることにして、色々なワインをしてみた。
飲みやすいワインが多くて、結構飲んでしまった。
チーズ等のおつまみの色々と売っていた。
チーズは買ったけど、ワインは買わず。

 

2日目の宿泊先はホテルエリアワン境港マリーナ。
島根ワイナリーから鳥取の境港市に向かう。

 

日本第7位の面積を持つ宍道湖や第5位の中海といった湖の南側を移動していく。
17時30分にホテルエリアワン境港マリーナに到着。

 

結構、古めの建物という印象。
入ると派手なシャンデリアがあったりして、バブルのころの建物感がする。
前日に続いてベッドが3個ある3人部屋。
ホテルエリアワン境港マリーナの方が部屋が狭くて、古い感じがした。

 

コインランドリーで洗濯をしながら、一休み。
夕飯はフロントにあったチラシを見て、海心というお店に行くことにした。
https://tabelog.com/tottori/A3103/A310301/31004538/

 

19時頃に海心に到着。
結構混んでいた。
入口付近では蟹の食べ放題をやっている人が何人もいた。

 

カニの食べ放題はやらず、特選海鮮丼セット2000円を注文。

 

他にもたこのから揚げとねぎとろユッケを注文。

 

特選海鮮丼セット盛りだくさんでお得だったと思う。
海鮮丼だけでも結構良い値段がすると思うけど、天ぷらに茶碗蒸し、ホタルイカの沖付けなども付いていた。
味もボリュームも大満足だった。
食べログの評価は3.2ぐらいであまり高くなかったけど、店選びとしては正解だったと思う。

その後は、薬局で買い物をして、ホテルエリアワン境港マリーナに戻った。
2日目も24時を過ぎる前に寝てしまった。

この旅行はジェイトリップツアー をから申し込みをしています。

ジェイトリップツアー 北海道から沖縄まで国内格安旅行

広島、島根、鳥取旅行(1)

2020年3月19日(木) – 2020年3月21日(土)

 

今回は彼女と彼女のお母さんの3人で中国地方に旅行に行ってきた。
3時45分に起床。
5時に家を出発。
山の手線の中で彼女のお母さんと合流し、6時10分には羽田空港に到着。

 

コロナの影響で空いているかと思ったけど、羽田空港はそんなに空いていなかった。
6時50分発の予定だったが10分遅延し、7時に出発。
飛行機の中もそんなに空いている感じもしなかった。
8時30分に広島空港に到着。

 

8時50分にオリックスレンタカーのシャトルバスでオリックスレンタカーへ移動。
保険料3300円を追加で支払う。
9時10分には、宮島へ向けて出発。
宮島までは彼女が運転してくれた。

 

10時15分には宮島口に到着。
レンタカーはおおの屋旅館がやっている駐車場に停めた、500円だった。

 

フェリーはJRと宮島松大汽船の2社が運営している。
どちらも値段は180円みたいだ。
2社間で時刻表がちょうどよくずれているので、タイミングよく乗れる会社に乗るのが良い気がする。
Suicaが使えた。
どっちのフェリーに乗ったかは覚えていない。

 

地上は暖かったけど、フェリーに乗ると寒い。
10時20分のフェリーに乗って、10分もかからず、宮島に到着。
フェリーからはどこが厳島神社の鳥居なのか、わからなかった。

 

フェリーを降りてすぐのところには鹿がいた。
みんな眠そうな感じだった。

 

宮島の商店街のようなところを進み、厳島神社へ向かう。

 

行くまで知らなかったけど、今、鳥居は工事中だった。
正確にはまだ、調査段階で調査が終わるまではいつまで工事が続くのかは決まっていないらしい。
残念ながら、鳥居は視認できず。

 

厳島神社の入場料は300円。
チケットには立派な鳥居が写っているけど、今は見られない。
まぁ、仕方ないか。

 

鳥居は見られなくても見ごたえの景色は多かった。

御朱印を書いてもらえるところもある。
300円。
混んでいなかったので、10分弱で書いてもらえた。

御朱印集めは彼女の趣味で自分は書いてもらってはいない。

 

厳島神社を出てしばらく歩いたところのお店で名物もみじまんじゅう100円を食べてみた。
写真はない。

 

別のお店であげもみじ饅頭を食べてみた。
チーズあげもみじ190円。
チーズドックみたいな味だった。

 

にぎり天も食べてみた。

 

りらっくま茶房があって、りらっくま好きの彼女は吸い込まれていった。
http://rilakkumasabo.jp/shop/miyajima

 

お昼はあなご飯やカキを食べられるお店を探していた。
決め手にかけて結局、フェリー乗り場まで来てしまった。
フェリー乗り場の近くにあった山一というお店に入った。

 

13時05分だったけど、先客は1組。
自分はカキが苦手なので、あなご飯定食1850円を注文。
あなごは香ばしい感じがして、まずまずだった。

もっとフワフワしているのかと思っていたけど、ちょっと違っていた。
違うお店に入っていれば、もっとおいしかったのかな。

 

13時40分のフェリーで宮島を後にする。
宮島水族館 – みやじマリンはコロナの影響でやっていなかった。

 

 

宮島の次は原爆ドームへ向かう。
一般道で広島市内へ向かった。
14時45分頃に原爆ドームの近くに着いた。

 

原爆ドームには駐車場がないので、近くのパーキングに駐車した。

 

原爆ドームを近くで見た。

ボランティアの人が原爆ドームについて説明してくれていた。
核兵器廃絶の署名をした。
川を挟んでみる原爆ドームの方がテレビ等で見慣れている感じがした。

 

平和記念公園も歩いてみた。
広島平和記念資料館はコロナの影響で閉まっていた。

 

夕飯は長田屋で広島焼を食べようと決めていた。
ただ夕飯を食べるにはまだ早いのと、昼ご飯を食べたのが遅かったので、まだお腹が空いていなかった。
時間をつぶすために、ぶらぶらしていた。
そごうで買い物をすると、駐車場代が2時間分無料になるので、そごうに行ったりもした。

 

 

17頃まで時間をつぶして、長田屋へ行った。
http://nagataya-okonomi.com/

夕ご飯にはちょっと早いけど、お客さんは何組かいた。

 

長田屋焼1380円とデラックス1200円を注文。
厨房で焼きあがったものを持ってきてもらえる。
テーブルの鉄板では、焼く必要がないのがうれしい。

 

マヨネーズとおたふくソースで食べた。
どっちもかなり美味しかった。
そばが入っているのは馴染みはないけど、ありだね。
ソースはオリジナルのおたふくソースらしい。

 

3人で2枚を食べきり、もう1枚注文。
こういうとき、3人いると、色々な種類を食べれるから、うれしい。

 

3枚目はスペシャル1180円を注文。
大葉がアクセントになっていて、これもまた美味しかった。

 

また広島に行く機会があったら、また行きたいお店だった。
ただ、キャッシュレス決済には対応していないようだった。

 

本日の宿泊先は、ホテルエリアワン広島ウィング。
広島空港の近く。
高速を使って、ホテルへ向かう。

 

なぜだか高速が大渋滞。
原因は車の事故、炎上による通行止。
旅行中に高速道路が通行止めになるという不運。

 

大渋滞の末に行きたかったインターチェンジの1つ手前で高速道路を降りた。
一般道も渋滞は続いていて、ホテルに着いたのは20時半。

 

ホテルエリアワン広島ウィングには温泉があった。
単純泉だけど、露天風呂、サウナ、ジェットバスなどがあった。
空いていて、2人ぐらいしか入っていなかった。

 

部屋はベッドが3つある3人部屋。
広さとしては十分な広さ。

携帯の充電ケーブルを忘れてしまったが、フロントで借りることができて良かった。

 

朝起きた時間が早かったので、早めに就寝。
2日目に続く。

この旅行はジェイトリップツアー をから申し込みをしています。

ジェイトリップツアー 北海道から沖縄まで国内格安旅行

伊東温泉旅行

2019年7月21日(日)-22日(月)
彼女と2人で1泊2日で伊東に行ってきた。
いつもの通り南与野の実家に車を借りに行って10時頃に実家を出発。
戸田周辺のマックで朝マックを片手に伊豆方面に進む。

外環から首都高、小田原厚木道路を進む。
渋滞もなく、順調に進んだので、休憩なしで13時頃には伊東マリンタウンに到着。

日曜日で駐車場も混んでいた。
伊東マリンタウンの向かいにしまむらがあって、彼女が行きたいというので、しまむらに行った。
一時間ぐらいしまむらで買い物をした。

伊東マリンタウンに戻ってお昼ご飯を食べる。
伊東マリンタウンには3年前にも来たことがある。
3年前と同じく伊豆高原ビール 伊東マリンタウン店に行った。


14時10分で5組待ちだったけど、回転は早くすぐに入れた。

黄金のねぎとろ月見丼 2200円を注文。


彼女はまかない丼1450円を注文していた。


プラスいくらか払って海苔汁に変更した。
あとたこの唐揚げを追加で注文。

10分ぐらいで到着。

ウニもねぎとろも十分な量で贅沢な思いができた。
味にも満足。
海苔汁も量がとても多くて、うまい。
お腹いっぱいになった。

 

 

その後は宿泊先 伊東 ホテルニュー岡部(大江戸温泉系)に向かう。
伊東駅からはちょっと離れた所にある。

15時30分にチェックイン。
落ち着いた和室の部屋だった。


街中のホテルなので、景色は住宅街。

少し休憩してからまた外出。
ポケモンGOのコミュニティデイだったので、伊東駅周辺となぎさ公園を歩きながらミズゴロウを捕まえた。

18時半ぐらいにはホテルに戻った。
ホテルに戻ってからもポケモンを交換したりしていたので、夕食に行くのが遅れてしまった。

19時20分から夕食。バイキング形式。


オーダーストップが20時だったので、かなり忙しくなってしまった。
海が近いだけあって魚介は新鮮でおいしかった。
カニの出汁でとった味噌汁が特においしかった。
慌ただしくなってしまったけど、量は充分食べれた。

お風呂は2種類あって、夜は大浴場の方に行ってみた。


お風呂から出て、フロントでお土産を買った。
タイムサービスで少し安く買えた。

早めに就寝。

朝は7時過ぎに起床。
夜に入らなかった方の庭園風呂に入ってきた。

その後、8時から朝ごはん。
朝もバイキング形式。
お昼にまた海鮮を食べるつもりだったので、食べ過ぎないようにした。
それでも結構、食べてしまったが。
食休みを長めにとって、10時半にチェックアウト。
2人で20000円もしなかった。

お土産を買う為に、また伊東マリンタウンに行った。
この日は平日だったので、比較的空いていた。

お土産に塩辛などの瓶詰を買った。
貝柱が好きなので、自分用に貝柱も購入。

このサイズで1150円。

お土産を買い終わってから、今度は沼津に向かった。
2日目は彼女が運転をしてくれた。

12時半頃に沼津漁港に到着。
平日だけど、無料の駐車場は埋まっていた。
一番奥まで行って、ウロウロしていたら、何とか駐車することができた。

まだそんなにお腹が空いていなかったので、沼津漁港をぶらぶらした。
干物とかがとてもおいしそうだけど、家に魚焼きグリルがないので、見るだけにとどまる。

お昼ご飯は以前にも行ったことがある丸天で食べた。
13時45分だったけど、まだまだ混んでいた。
魚河岸丸天丼1560円を注文。

 

かさご唐揚げとげそ唐揚を追加で注文。

8種類のネタが贅沢に盛られている。
おいしい、ただ、ごはんの量が多すぎた。


少なめにしてもらえるかはわからないけど、少なめにしてもらえば良かった。

げそ唐揚も量がかなり多い。
フワフワした変わった食感、味付けは甘め。

 

かさごは見た目がかなりいけている。
パリパリしていて、おいしい。

うん、食べ過ぎた。

このあとは、沼津から高速に乗って、実家のあるさいたまに戻った。
途中までは彼女が運転をしてくれて、東名の途中から交替した。
やや渋滞しているところどころあったけど、順調に帰宅。

食べ物がおいしい地方に行くと、食べ過ぎてしまうのが難点だ。

2019年 沖縄旅行(4)

2019年6月8日(土)-11日(火)に彼女と沖縄旅行に行ってきました。
初の沖縄です。
梅雨真っ盛り。
3泊4日レンタカーと朝食2回ついて2人で77600円。

2019年6月10日(月)

 

朝、8時前に起きて、8時頃から朝食。
前日は洋食にしたので、2泊目は和食中心にしてみた。
天気は生憎だったけど、窓から見える景色も奇麗だった。

これはチェックアウト前に部屋から撮った写真。

9時過ぎにチェックアウトし、首里城に向かう。

首里城の近くのコインパーキングにレンタカーを停めて、首里城へ。
10時半ぐらいには首里城に着いた。
サラサラっと一通り見て回った。
首里城の中には色々な展示物があったけど、そこは撮影禁止だった。

 

昼ごはんは首里そばを食べようと思って、お店まで行ったけど、臨時休業だったみたい。
急遽、調べてしむじょうに行くことにした。
細い坂道を登って行って、わかにくいところにあった。
駐車場は最後までどこにあるかわからなかったので、公園の駐車場に停めた。

 

しむじょうは建物が文化庁登録有形文化財になっているようだ。

確かに味のある建物。
13時ごろに到着。
本ソーキそば 800円を注文。

そばもソーキもなかなかおいしかった。

 

その後は国際通りに行こうとしていた。
国際通りに行く前にホテルに荷物を置くことにした。
13時50分にノボテル沖縄那覇に到着。
荷物とレンタカーを預けて、国際通り向かった。すぐ近くのバス停からバスで国際通りに移動。
バスでSuicaは使えなかった。
かなり渋滞していたけど、10分強で到着。

14時30分に国際通り到着。

早速、ブルーシールアイスクリームでアイスを食べた。
個人的には31の方が好きだな。

 

ドン・キホーテに行って、沖縄土産を購入。
商店街を見ながら、サーターアンダギーを食べてみた。
市場には東京ではあまり見かけない魚が並んでいた。

17時半頃までブラブラして、少し早かったけど、ステーキハウス88で夕ご飯を食べることにした。
まだお客さんはほとんどいなかったけど、すぐに混雑し始めた。
和風88ステーキ 200g2,300円を注文した。
正直、そんなに人気が出る理由はわからなかった。
いきなり!ステーキの方が上かも。

食べ終わってから、バスでノボテル沖縄那覇に戻った。

部屋は奇麗で十分な広さだった。
部屋から浴室が見える謎仕様だったけど。見えなくすることも可能。

 

ホテルにプールがあったので、プールにも行ってみた。
プールから見える景色は奇麗だった。

プール自体は少し狭くて、他の人もいるし、泳ぐには不向きかな。
浮き輪でぷかぷか浮いていたりした。
プールから出たあとは早めに寝た。

 

2019年6月11日(火)

 

最終日は9時前にチェックアウト。
朝食はなしにしていた。

 

飛行機の時間にはまだ時間があったので、御朱印集めで天久宮に行ってみた。
9時半頃に着いたけど、人がいなくて御朱印はもらえなかった。残念。

 

まだ時間があったので、沖宮に行くことにした。
ここではちゃんと御朱印をもらえた。
沖宮のそばにも神社があったけど、そこに行くには時間が足りなかった。

 

ガソリンを入れて、10時40頃にレンタカーを返却。
那覇空港までバスで送迎してもらう。荷物を預けて、フライトまではまだ時間があったので、那覇空港の天龍というお店でソーキそばを食べた。

ソバもだけど、ごはんもおいしかった。
ソーキはちょっとパサパサしていた
11時半頃で空いていたけど、すぐに混み出して、出るころには外で待っている人もいた。

 

12時35分のフライトだったけど、機内で急病人が出て、出発が50分遅れた。
羽田空港には15時20分に到着した。
雨が多くて不完全燃焼なところもあるので、沖縄にはまた行きたいと思う。
沖縄に行くまで知らなかったこと。
沖縄にはまだセブンイレブンが1店舗もないらしい。
7月に初めてセブンイレブンがオープンするらしく、国際通りで工事中のセブンイレブンを見た。
沖縄では日本テレビ系の放送局がなく、朝、ZIPは放送されていない。
他の局がない地方は聞いたことはあるけど、日本テレビがない地方があるとは思わなかった。



2019年 沖縄旅行(3)

2019年6月8日(土)-11日(火)に彼女と沖縄旅行に行ってきました。
初の沖縄です。
梅雨真っ盛り。
3泊4日レンタカーと朝食2回ついて2人で77600円。

2019年6月9日(日)

 

お昼ご飯を食べた後は体験王国むら咲むらに行くことにした。
https://murasakimura.com/
駐車場に着くなり、土砂降りの雨。
しばらく車の中で様子を見たけど、やむ気配はなし。痺れを切らして入園することにした。
入園料は600円。
ベネフィットの特典で300円で入園できた。14時半ぐらいに入園。
入口で500円払うと傘を借りることができた。傘を返せば、お金は戻ってくる。
彼女がオリジナルランプを作りたいと言ったので、そこまで移動。
あまりにも雨が強くて、かなり濡れた。
天気も天気なので、空いていた。

 

オリジナルランプは有料の土台(確か2000円ぐらいのものが多かった)をまず選ぶ。
これはサンプル。
そこから無料の琉球ガラスや貝殻などを使って、形をつくる。
シーサーや看板など有料の飾りも色々ある。
接着剤を溶かしながら出す機会を使って、そこに琉球ガラスや貝殻などをくっつけていく。
接着剤はかなり暑くなるので、手に持った貝殻などに接着剤をつけるのではなく、本体の方につけるように言われていた。
ただ、中国人に対して、英語で説明しているのを聞いていたけど、ただ気をつけるように言っていただけだった。
言語によって説明の粒度がかなり違っていた。
きっと毎回同じ説明をするんだろうから、どこかに中国語と英語の注意書きを書けばよいのにと思った。
1つの作品を作るのに1時間から2時間ぐらいかかるらしい。
自分は見ていただけだけど、彼女は2時間強かかっていた。

後から中国人の人たちは割と早く、1時間ぐらいで作っていた。

 

18時には閉園なので、他の
体験コーナーに行く時間はなかった。
帰るころには雨もあがっていた。

 

宿泊するリザンシーパークホテル谷茶ベイの近くで夕飯を食べるところを探した。
元祖 海ぶどうというお店で夕飯を食べることにした。
19時ごろに到着。
沖縄料理を食べたいと思って、てびちの定食を頼んでみた。
せっかくなので店名にもなっているうみぶどうを単品で注文した。
うみぶどう丼を頼むほどの勇気はなかった。
一度も食べたことのないてびちを頼む勇気はあったけど。。。
海ぶどうは食感はプチプチしている。
おつまみもしくは、サラダっぽい感じもする。
てびちは正直、頼んで失敗した。
コラーゲンたっぷりなんだけど、あまり食が進む感じでっはなかった。あくまでも個人の感想ですが。
てびちの量はかなり多かった。好きな人にはお得な気がする。
彼女はとんかつを頼んでいた。
少しもらったけど、とんかつはおいしかった。

 

食べ終わって、リザンシーパークホテル谷茶ベイに戻った。
2泊目は海側の部屋を指定しなかったけど、前日と同じ部屋に泊まった。

 

続く。



2019年 沖縄旅行(2)

2019年6月8日(土)-11日(火)に彼女と沖縄旅行に行ってきました。
初の沖縄です。
梅雨真っ盛り。
3泊4日レンタカーと朝食2回ついて2人で77600円。

 

2019年6月8日(土)

 

瀬底ビーチから宿泊するリザンシーパークホテル谷茶ベイに向かった。
大雨が降ってきたり、やんだり。不安定な天気だった。
途中、ホテルの近くの恩納そばで夕食を食べることにした。
18時55分頃に到着。
店の前が駐車場になっている。
店内の券売機で食券を購入。

彼女はソーキそば(700円)、自分はうんなそば(700円)を注文。
加えて2人でタコライス丼(580円)をシェアすることに。
タコライス丼にはミニそばも付いていると店員さんに言われたけど、それも食べることにした。
10分弱でそばが提供された。

うんなそばはソーキそばのソーキの変わりに別の肉がのっている。
スープがおいしい。
そばは赤いきつねみたいな麺だった。(悪い意味ではない)
5分後ぐらいもタコライスとミニそばも到着。

彼女とシェアしたけど、さすがに多かったかな。

 

食後、リザンシーパークホテル谷茶ベイにチェックイン。
駐車場は道路を挟んだ向かい側にある。
リザンシーパークホテル谷茶ベイはかなり巨大。
収容人数2600人らしい。
部屋は8階の海側の部屋。
海側と逆側で値段が違うらしい。
彼女は1泊目は海側を指定したらしい。
間接照明になっていて、部屋はやや暗め。
慣れてくれば、そんなに違和感はなかったけど、最初はかなり暗く感じた。
Wi-Fi完備。
窓からの景色は夜だったので、はっきりわからず。

朝3時半に起きていたので、22時頃には就寝。
2019年6月9日(日)

 

6時起床。
天気は曇り。
朝食つきなので、7時に朝食に向かう。
和洋食と和食が選べて、和洋食にした。
ビュッフェ形式。

9時からシュノーケリングをする予定だったので、食べ過ぎないように気を付けた。
ここでも外国人が多いと感じた。

 

8時半に出発して、青の洞窟に行く為にマリンサポートタイドというショップに向かう。
9時ギリギリに到着。
到着するなり、強風のため、青の洞窟には行けないと言われ、ショック。
仕方ないので、青の洞窟のそばのビーチでシュノーケリングをすることになった。
料金は1人3900円+税。
水中を撮影できるデジカメを貸してくれるので、自分のSDカードを挿すことができる。
ウエットスーツやヒレ、ゴーグルを貸してくれる。
水着の上からウエットスーツを着て、説明を受ける。
その後、車で真栄田岬まで移動する。
インストラクターの人が結構話しかけてくれる。
お兄さん、お姉さんと呼ばれるけど、それはちょっとどうなのかなぁと思った。
聞いた話ではやはり外国人が多いらしい。
外国人専用のショップもあって、そういうところでは外国人のインストラクターを雇って対応しているらしい。
真栄田岬の駐車場に着くと、そこからビーチまで少し歩く。
沖の方は、波がちょっと高そうだった。

今回、悪天候もあってかインストラクターの人が3人に対して、客は自分と彼女の2人だけだった。
インストラクターの人が最初はデジカメを使って、撮影してくれると申し出てくれた。
水の透明度は瀬底の方が奇麗だったかな。深さは足がつかないぐらいの結構深いところもあった。
小さい奇麗な魚だけではなく大きな魚もいた。
途中から魚に餌をやることができた。
餌は「ふ」だった。
小さくちぎってやると、小魚も群がってくる。
餌やりは楽しい。

ウニっぽいものやナマコもいた。
途中からデジカメで水中の撮影もしてみた。
水中が撮影できるのも楽しかった。
水中が撮影できるカメラが欲しくなった。

【ポイント10倍!】パナソニック DC-FT7-D コンパクトデジタルカメラ LUMIX(ルミックス) オレンジ

海にいたのは1時間ぐらいだったので、ちょっと物足りない部分もあった。
海の洞窟に行けなかったのはかなり残念だったけど、シュノーケリングは楽しかった。
インストラクターの人に聞いたら、今日はかなり空いているほうだったらしい。
車でショップ戻ってきて、シャワーを浴びて着替えたあとで、SDカードを返してもらった。
11時ぐらいには、終わっていたかな。

 

その後は残波岬に行ってみた。
残波岬には灯台があったけど、灯台には登らなかった。
有料で階段を登る灯台だった。
灯台のそばから崖の方に出られたので、少し出てみた。
風が強かった。

釣りをしている人が見えたけど、ここで釣る意味あるのかなと疑問に思った。
近くには残波大獅子があった。

 

お昼には2日連続のハンバーガーを食べることに。
恩納村にあるBurger Shop H&Sに向かった。
12時55分に到着。

ちょうど1席空いて、待たずに入れた。
人気のよくばりバーガーを1550円を注文。

結構、良い値段がします。
たまごを半熟にするか聞かれたので、半熟にしてもらった。

さすがにかぶりつけなかったので、崩して食べた。
ハンバーグもおいしいし、熱々のパイナップルも意外にもおいしかった。
量も多くて、満足。

 

続く。



2019年 沖縄旅行(1)

2019年6月8日(土)-11日(火)に彼女と沖縄旅行に行ってきました。
初の沖縄です。
梅雨真っ盛り。
3泊4日レンタカーと朝食2回ついて2人で77600円。

2019年6月8日(土)
3時30分に起きて、4時40分に家を出発。
5時40分に羽田空港に到着。
土曜日だからか、手続きが混んでいてかなりギリギリだった。
羽田空港6:20-那覇空港8:55
那覇空港への到着が10分程遅れた。
天気予報は良くなかったけど、到着したときはまだ曇りだった。

 

9時45分にJ-ネットレンタカーのバスで移動。
保険料はツアー代に含まれておらず、1620円×4日分の保険に加入した。
説明を受けて、10時15分頃に出発。
今回は軽自動車をレンタル。
諸事情があって、今回は一人で運転することになった。

 

まずは彼女が御朱印集めにはまっているので、近くの波上宮に向かった。
なみのうえぐうと読む。
10時25分頃に到着。
そばのコインパーキングに駐車して、参拝。
外国の人が多かった。
御朱印も書いてもらった。

すぐ裏には青い海が見えた。

瀬底ビーチに向かいながら、ごはんを食べることにした。
まだ今日は何も食べていなかった。
ボアソルチ/BOASORTEでハンバーガーを食べる。

ここまでは一般道で移動。
11時20分に到着すると、先客は1人だけ。
カウンターでチーズバーガーセット1200円を注文。

セットはサラダバーとドリンクがつく。
サラダバーはお変わり自由になっている。
ビッグマウンテンバーガーが一番人気らしいけど、そんなに食べられないよね。
サラダバーを一杯食べ終えたぐらいのタイミングでチーズバーガーができあがった。

サラダをお替りしながら、ハンバーガーを食べ始める。
高さがあるのでかじりつくのが大変だ。
量だけでなく、味も良かった。
店内に書かれたENJOY HIGH CALORIE!!というフレーズが潔い。
食べ終わる頃には混み出していた。

 

高速道路に乗って、瀬底ビーチへ向かう。
許田で高速を降りて、瀬底へ向かう。
瀬底大橋の先に薬局が見えたので、飲み物や日焼け止めなどを買い出し。
いざ瀬底ビーチ。
瀬底ビーチには13時30分に到着。

駐車場代が1000円かかる。
かなり空いていた。
着いた頃に雨がポツポツと降り出した。
更衣室は無料でロッカーは200円、シャワーは冷水が300円で温水が500円。
ロッカーで着替えて、ビーチへ。
ビーチもかなり空いている。
最大でも10人ぐらいしか、海に入っていなかったと思う。
彼女がシュノーケリングの道具を持ち込んでいたので、交替でシュノーケリングをした。
ごつごつした岩がちらほらあるので、裸足だと痛い。
マリンシューズは必須だね。
水がきれいでカラフルな魚がよく見える。
遊泳区域は足のつく高さ。
ナマコもいて、初めてナマコを触った。
持つと、水を吹き出してしぼんでいくのが面白かった。
15時半ぐらいまで泳いで、帰ることにした。
このぐらいの時間にはほとんど人がいなくなっていた。

 

ホテルへの帰りがけに、21世紀の森公園に立ち寄った。
ポケモンGOでナマケロのコミュニティ・デイをやっていたので、彼女と1時間半ぐらいポケモンGOをやっていた。
その後、宿泊するリザンシーパークホテル谷茶ベイに向かった。
続く

 




 

鳴子ホテルに宿泊

2019年3月22日(金)

14時過ぎに鳴子ホテルに到着。
風がものすごく強くて、寒かったし、雪も降っていた。

15時チェックインで14時半の受付開始までロビーで待機。
彼女が予約してくれたんだけど、前日と予約日を間違えて前日に電話がかかってきていた。
それでもキャンセル料なしで翌日の予約をしなおしてくれた。

 

部屋は青葉館6Fの部屋。

ホテルのフロントはWi-Fiが入ったけど、なぜか泊まった部屋はWi-Fiが入らなかった。
部屋は程好い広さ。


トイレは改装したのか、きれいだった。
窓から外を見ると、小学校の校庭が広がっている。

軽く昼寝をして過ごす。
彼女が共同浴場が好きなので、近くにある滝の湯に向かう。
フロントで無料券をもらえるので、忘れずにもらっておく。
歩いて2,3分で滝の湯に到着。

入口に温度が安定していないという貼り紙が張られていた。


脇には入場券の券売機がある。
無料券を持っていたので、買わずに入場。


受付で券を渡して入る。
脱衣場と浴槽は分かれている。
ぬるめの浴槽と、熱めの浴槽の2つがある。
17時半頃だったけど、10人ぐらいが入っていた。
そこそこ密集状態。
ぬるめの浴槽はやや深い。
熱めの浴槽は自分にはちょっと熱め。
しばらく浸かっては一度、出てもう一度浸かりなおす。
もうそれで熱くなったので、外に出た。
彼女と時間を決めて外で待ち合わせして、ホテルに戻る。

夕食は17:30と19:00で選べて、19時を選んだ。
ビュッフェ形式。
他のホテルと比べても食事は豪華と言えると思う。
鮎とか海老とか見栄えの良いものが多かった。
ホタテのグラタンはかなりおいしかった。
お肉料理が豊富で嬉しかった。豚の角煮もおいしかった。


ただサラダ系はほとんどなかったかもしれない。
瓶に入ったプリンもかなりおいしかった。

食事がおいしかったので、食べ過ぎてしまった。
苦しくてしばらく動けなかった。

 

食休み後にホテルの大浴場に入った。
夜と朝で男湯と女湯が入れ替わる。
男湯は夜が1F、朝が2Fだったかな。

露天風呂は外にあるけど、外の景色は囲いがあって見えない。
すぐに学校があったりするので、仕方ないか。
内風呂の中央に段差が半身浴ができるようになっているのがおもしろかった。

夜は1時前には就寝。

8時頃に起きて、お風呂へ向かう。
朝は2Fのお風呂へ向かう。

8時半頃に朝食の会場の前を通ったけど、待ちが発生していて、外で並んでいた。
9時頃に行った時には並ばずに食べれた。

朝食も十分なメニューが揃っていて、満足。
夜の反省から腹八分目でやめておいた。

10時頃にはチェックアウト。
チェックアウトが集中する時間で混んでいた。
車を預けていて、ホテルの人が持ってきてくれるのに5-10分ぐらいかかる。

料理もおいしかったし、温泉も良かった。
予約のミスに対する対応も良かった。
Wi-Fiが繋がらなかっただけはダメなポイントかな。
これで2人で20100円はかなり安いと思う。(楽天セールでここから1500円引き)

http://www.narukohotel.co.jp/index.html