DP-203 Microsoft Azureでのデータエンジニアリング 合格

2022年9月21日(水)

 

10時30分から池袋のテストセンターでDP-203 Microsoft Azureでのデータエンジニアリングを受験してきた。
日本語対応しているので、日本語で受験してきた。
結果は751点で合格。
試験の感触的にはまったく手ごたえがなくて、不合格を覚悟していた。
結果、何とか合格できていて、とても嬉しかった。

 

理解度の内訳は以下。
データストレージの設計と実装 約65%
データ処理の設計と開発 約50%
データセキュリティの設計と実装 約80%
データストレージおとびデータ処理の監視と最適化 約70%

 

問題は44問。
時間は100分。
最初の34-35問が一問一答形式の問題。
5-6問不可逆のYes or No問題。
最後の4問がケース問題だった。

 

最初の方の問題が全然見たことが無い問題が続いて、かなり時間をかけてしまったので、時間は10分弱しかあまらなかった。
マイクロソフトの試験で時間をギリギリまで使うのも珍しい。

 

いつも手応えが無い問題は後でチェックできるように見直しにチェックを入れると同時に正の字でカウントしていくのだが、20問もチェックが入っていて、不合格だと思った。
マイクロソフトの資格試験で、いつからか部分点がもらえるようになったので、部分点でギリギリ合格ラインを超えてくれたのかと思う。

 

自分がおこなった勉強法を紹介する。

まずは以下のUdemyの教材動画を1回最初から最後まで見た。(正確には先に公式問題をやり始めたが、まったく解けずに挫折した。)
ある程度わかっている人は全部見ずに、必要なところだけ見れば良いかも。

Udemyの該当の教材は以下。
DP-203 – Data Engineering on Microsoft Azure 2021
icon
23.5時間もあるので、すべて見るのはなかなか大変。
元値は1万円以上するけど、安売り期間で1000円代になっていたときに買った。
他の教材をUdemyで買ったことがあると、安売りにならない気がするが、違うメールアドレスで登録しなおせば、また安売り価格で買うことができる気がする。

 

教材の動画は残念ながら全部、英語。
英語の字幕を表示しながら、なんとか乗り切った。
日本語だったら、もっと理解できたのは間違いない。
英語の字幕は精度が低かった。せめて専門用語ぐらいは正しく字幕にしてもらいたいものだ。

 

Udemyを動画を見終わった後で、マイクロソフト公式演習テストをやった。
(会社がマイクロソフトのパートナーなので、マイクロソフト公式演習テストを無料で受けられる。)
マイクロソフト公式演習テスト(約150問)を2-3回ずつ解いた。
簡単な問題は除外していきながら、解いている。

 

マイクロソフト公式演習テストの問題はほぼ間違いなく回答できるような状態で試験に挑んだけど、見たことが無いような問題が多かった。
マイクロソフト公式演習テストのヒット率は低かったと思う。
でも、ちゃんと理解していれば、なんとか合格点を超えられたようだ。まったく同じ問題は無いので、答えを覚えていても無駄。

 

マイクロソフト公式演習テストではあまり出てこなかったけど、実際の試験では代理キーというワードが3問ぐらいで出てきたので、以下は見ておいた方が良いかも。
https://learn.microsoft.com/ja-jp/azure/synapse-analytics/sql-data-warehouse/sql-data-warehouse-tables-identity

 

Notebooks で言語を混在させる方法も出ていた。
https://learn.microsoft.com/ja-jp/azure/databricks/notebooks/notebooks-use#–mix-languages

 

不合格だった時の為に必死で問題を覚えようと、ホワイトボードにメモを取っていたけど、合格だったので、覚えるのを諦めてしまった。

 

関連キーワード: 試験対策 難易度 Data Engineering on Microsoft Azure Microsoft Certified: Azure Data Engineer Associate

DP-900 Microsoft Azureのデータの基礎 合格

2022年2月7日(月)

 

11時から秋葉原のテストセンターでDP-900 Microsoft Azureのデータの基礎を受験してきた。
日本語対応しているので、日本語で受験してきた。
結果は877点で合格。
一通り解き終わった後の感触としても合格だろうと思ったけど、比較的余裕のある点数で合格できて良かった。

 

理解度の内訳は以下。
満遍なく80%以上得点できていた。
ただ、資格の名前にもあるように基礎の試験なので、これぐらいの点数で満足していてはいけない。

 

問題は45問。
時間は45分なので、1問1分のペース。
見直しの時間含めて30分で終わったので、普通に解けば時間を気にしなければいけないような試験ではなかった。
シナリオ問題はなし。

 

1ページの中に複数の質問があって、Yes/Noを選ぶような問題が多かった。
こういう出題の場合は、全部が正解ではなくても部分点がもらえるようだ。

 

自分がおこなった勉強法を紹介する。

会社がマイクロソフトのパートナーなので、マイクロソフト公式演習テストを無料で受けられる。
その為、マイクロソフト公式演習テスト(約150問)を2回ずつ解いた。

 

公式問題集は英語しかない。
解説もしっかりしているので、試験対策にもなるし、勉強にもなる。
日本語であれば、もっとありがたいのだが。

公式問題集だけで試験に臨むつもりだったけど、前日に以下の試験対策のオンライン講義を見つけた。
全部は見る時間がなかったけど、公式問題集よりもこっちを先に見ておいた方が理解が早かった気もする。

 

DP-900 : Microsoft Azure Data Fundamentals 試験対策

210分と結構なボリュームだけど、何問かそのまま試験に出た問題もあった。
公式問題集では触れていない問題もあったので、助かった。

 

次に取りたい資格はDP-203: Microsoft Azure でのデータ エンジニアリング。
DP-900よりは難易度が高い資格なので、しっかり準備したい。
1か月後には取得したい。

 

1か月どころか半年以上かかってしまったけど、DP-203を合格した際の記事はこちら。
DP-203 Microsoft Azureでのデータエンジニアリング 合格

Windows 11 へのアップグレード完了

2021年10月5日(火)

 

Windows 11が正式リリースされたので、早速、Windows 10からWindows 11にアップグレードしてみた。

 

まだWindows Updateから配信されていないので、以下からダウンロードして、適用。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows11

 

自分のPCのスペックはこちら。
TPM 2.0はデフォルト有効化されていた。

 

インストールが始まってから20分強でアップグレードは完了した。

 

タスクバーが中央に寄っているのが、やや違和感。

 

Windows 11になっているか、確認の為にPowershellでsysteminfoを実行したら、日本語の表示がバグっていた。

 

cmdに切り替えて試してみたら、日本語の表示も問題なかった。
Powershellだけ日本語表示がおかしいみたいだ。

 

今のところ、他には特に問題は無いようだ。

 

Microsoft Azure Administrator Associateの更新試験に合格

2021年8月24日(火)

 

Microsoft Azure Administrator Associateの更新試験に合格した。
2019年3月31日に取得していた資格だが、更新試験を受けなければ、失効するようになっていた。
2022年9月30日まで延長されたみたいだ。
毎年更新試験を受けろというマイクロソフトからのメッセージのようだ。

 

試験はWebで受けるタイプ。
問題数は28問で60%以上で合格になる。
落ちた場合は、24時間後以降何度でも受験可能。
3回落ちて4回目で合格した。
しかも60%ギリギリでの合格だった。
28%→46%→53%→60%

 

4回受けて分かったことは問題は全部で40-45問ぐらいしかなさそうだ。
毎回、見たことある問題が8-9割ある。
ただ、後で調べてもどれが正解なのか、よくわからない問題が多かったし、以前の自分の回答があっていたのかもわからない。
せめてどの問題が正解だったかわかれば、割と早く合格できるのになぁ。

 



 



スマホの料金プランをahamoに変更した

2021年4月29日(木)

 

ahamoがスタートしてしばらく経って、特に問題も無さそうだったので、自分もahamoに変更してみた。
変更前のプランはXiウルトラデータLパックとカケホーダイプランで月額約8200円だった。
通信量は元々、月10GBもいかないし、フルリモートワークになってからは、5GB程度。

 

変更後もかけ放題オプション(1000円)をつけて月額約4800円になった。

 

<プラン変更前>

 

 

<ahamo>

 

手続きはマイドコモから完結し、かなり簡単だった。
有料でドコモショップでも変更手続きをしてくれるみたいだけど、このぐらいの手続きが自分でできない人はahamoにすべきではないと思う。

 

事前にこの以下のサイトあたりを見ておけば特に困ることもないと思う。

 

ahamoでご利用になれないサービス一覧

ahamoへプラン変更手続きを行う際のご注意

ギガプランとahamoを比較する

https://ahamo.com/plan/index.html

 

ahamoにすると、変更になる点や自分の対処法などをメモしておく。

 

ahamoにすると、ドコモメールが使えなくなるので、事前にドコモメールを連絡先として使っている場合は、他のメールアドレスに変更する必要がある。
半年以内に受信したメールを確認して、それらについては変更したけど、他にあっても仕方ないと割り切った。

 

ahamoになると、ドコモショップでのサポートは受けられなくなる。
問い合わせもチャットになる。
正直、この変更については大歓迎。
元々、ドコモショップでやってもらうこともないし、いざという時にもなかなか予約できなかったり、超長時間待たされるようなサポートは不要。
このようなサポートにお金を払わなくて済むのは、非常にありがたい。

 

ahamoに変えた後はしばらくは機種変更ができない。
6月(予定)になると、ahamoからでも機種変更ができるようになるみたいだ。
すぐに機種変更をする予定もないので、特に問題なかった。
どうしても機種変更したい場合は、プラン変更してahamoをやめれば、機種変更できるみたいだ。

 

留守番電話サービスが使えなくなる。
あまり使っていないが、何か良いアプリでも探すか。

 

家族割、ずっとドコモ特典、ドコモ光セット割などは対象外になる。
対象外になってもahamoの方が3000円以上安かった。

 

解約が必要なサービスがある。
ahamoへの変更手続きの中で他のサービスの解約もしてくれたので、楽だった。(末尾の画面キャプチャー参照)

 

月の途中でプラン変更した場合は、当月の料金は高い方のプランの料金が請求されるようだ。
自分の場合は4月にプラン変更したので、4月は元のプランの請求がされて、5月からahamoの料金に変更になった。

 

ahamoでは海外でもローミングの設定をすれば、データ通信ができるようだ。
モバイルWi-Fiをレンタルする必要がなくなるのは、嬉しい。

 

手続きの画面キャプチャーを参考までに載せておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SSDが故障してマウスコンピューターのノートパソコンが起動できなくなった

2021年2月25日(木)

 

昼間にノートパソコンを使っていたら、やたら遅いと感じた。
タスクマネージャーでディスクのパフォーマンスを見たら、100%で張り付いていた。
嫌な予感がして、イベントビューアーを見ると、ディスクのエラーが延々と出続けていた。
完全な故障フラグ。
ダメもとで、ディスクチェックをかけてみたけど、起動すらしなくなった。

 

 

ノートパソコンはマウスコンピューター m-Book R500SN-M2S5を使っているので、すぐにサポートセンターに電話をした。
春日部にある工場に送って、修理をしてもらうことになった。
SSDが被疑箇所なので、データを復元できない可能性があると言われた。
必要なデータはOneDriveでクラウドと同期されているので、データの復元は最初から諦めて、SSDの交換と初期インストールだけを依頼した。

[blogcard url=”http://tricra.site/kinomukumamani/archives/m-book-r500sn-m2s5-office-365-solo.html”]

 

工場にノートパソコンを送るのは、マウスコンピューター経由で佐川急便の集荷を依頼した。
翌日の金曜日に佐川急便の集荷が来て、その翌日の土曜日には到着連絡と故障個所の特定連絡、料金の連絡があった。
平日のみの作業と聞いていたけど、土曜日も作業してくれたみたいだ。
料金は合計23980円(回収費2000円、SSD14300円、技術手数料5500円)だった。
購入してから、まだ2年も経っていない。割と早く故障したな。
保証は1年分しか入っていないので、修理対応は有償。

 

費用は代引きか銀行振り込みを選べた。
銀行振り込みを選択した。
銀行振り込みの場合は、入金後ではないと修理ができないらしいので、土曜日のうちに振り込みの手続きを済ませた。
月曜日の夕方には修理が完了し、出荷したとの連絡があった。
火曜日にはクリーニングされた状態で戻ってきた。
最初にサポートセンターに電話した時は、6営業日ぐらいかかりそうだったけど、最短スケジュールで対応してもらえた気がする。

 

ノートパソコンの修理期間中はしばらく使っていなかった前のノートパソコンを引っ張り出してきて代用していた。
スペックが低いし、SSDではなくてHDDだったので、動きが遅すぎてなかなかのストレスだった。
One Driveでデータはクラウドと同期できていたので、古いノートパソコンにもデータは同期されていた。

 

システムバックアップは取っていなかったけど、One Driveのおかげでデータのバックアップがあったのでノートパソコンが戻ってきた後には、必要なツールの再インストールだけしたら、ほぼ元通りになった。

AZ-303 – Microsoft Azure Architect Technologies 合格

2021年2月13日(土)

 

14時半から池袋のテストセンターでAZ-303 – Microsoft Azure Architect Technologiesを受けてきた。
日本語対応しているので、日本語で受験してきた。
結果は770点で何とか合格。
手応え的には自信のない回答が半分以上あったので、ダメかなと思ったけど、合格点を超えていて良かった。

 

理解度の内訳は以下。
真面目に見ると、65%ぐらいしか得点できていないように見える。
65%だと不合格だけど。。。

 

Azure インフラストラクチャの実装と監視(50-55%):約80%
管理およびセキュリティソリューションの実装(25-30%):約70%
アプリのソリューションの実装(10-15%):約50%
データプラットフォームの実装と管理(10-15%):約70%

 

問題は60問。
最初の3問がシナリオ問題。
その後の57問が1問ずつの問題でそのうちの最後の6問がYes/No問題で3問1セットの問題が2つだった。
時間は持ち時間3時間のうち、2時間ぐらいかかった。

 

5割強は回答に自信がない問題だった。
前回のAZ-304では同じように自信のない回答ばかりで合格していたので、今回もなんとかなるかなと思いつつ終了ボタンを押したら、合格できていた。
過去の経験だと自信のない回答は大抵間違っていたけど、最近は当たっている問題も割とありそうだ。

 

 

勉強法はマイクロソフトがパートナー向けに実施している5日間の研修には参加させてもらった。
そのテキストを試験前に一通り見直した。
勉強量的には1回ぐらい不合格になっても仕方ない量で、スコアレポートの弱点部分を強化して2回目に挑戦を考えていた。
でも1回で合格できたので、良かった。

 

これでAZ-303,AZ-304を合格できたので、Microsoft Azure Solutions Architect Expert の資格を取得できた。
一息つける。

[blogcard url=”http://tricra.site/kinomukumamani/archives/az-304.html”]

ただ、Azure Administrator Associateの資格が2021年の9月で有効期限が切れるので、更新しないといけなそうだ。

 

 

出題内容について印象に残っている問題だけ紹介しておく。

Enterprise State Roaming関連の問題が2問出ていた。
初めて聞くワードだった。

多要素認証の手順は細かく覚えておいた方が良い。

docker関連のコマンドも2問出ていた。
イメージのアップロードとコンテナへのファイルコピーだったかな。

SQL Databaseのエラスティックプールの問題でリソースの小さいプールにプールより大きいVMを割り当てたときのリソースがどうなるかといった問題が出ていた。
結局、どうなるのか少し調べても不明。

パフォーマンスの出ないVMがあって、パフォーマンスカウンターを見たい。
恐らくVMの診断設定を見るのかな。

Hyper-VのVMをAzure Migrateで移行する問題も2問出ていた。
アプライアンスをどこにインストールするか、Hyper-Vホストがクラスター化されている場合にどこにインストールするかといった問題だった。

AZ-304 – Microsoft Azure Architect Design 合格

2021年1月9日(土)

 

13時半から秋葉原のテストセンターでAZ-304 – Microsoft Azure Architect Designの試験を受験してきた。
AZ-304 – Microsoft Azure Architect Designは日本語で受験できる。
結果は想定外の合格。
しかも疑惑の898点と高得点。
なぜ疑惑なのかは後述。

 

マイクロソフトがパートナー向けに実施している4日間の研修には参加させてもらったが、あまり勉強できていなかったので、まったく合格する自信はなかった。
とりあえず、1回目はどんな問題が出るのかを知るために受験したようなものだった。

 

理解度の内訳は以下。
真面目に見ると、65%ぐらいしか得点できていないように見える。
65%だと不合格だけど。。。

 

監視の設計(10-15%):約50%
IDおよびセキュリティの設計(25-30%):約60%
データストレージの設計(25-30%):約65%
ビジネス継続性の設計(10-15%):約80%
インフレストラクチャの設計(25-30%):約75%

 

問題は59問。
最初の5問がシナリオ問題
その後の54問が1問ずつの問題でそのうちの最後の6問がYes/No問題で3問1セットの問題が2つだった。

 

6割ぐらいは回答に自信がない問題だった。
500-600点ぐらいを想定していた。
なぜ約9割のスコアで合格になったのかは不明。
確実に不合格だと思って終了のボタンを押したので、再試験に備えて必死で出た問題を忘れないようにしていた。
まさかの合格で出ていた問題を忘れてしまった。
ストレージに関する問題、SQL Databaseに関する問題、コンテナに関する問題がやたら多かったように感じた。

 

勉強方法はマイクロソフトがパートナー向けに実施している研修に出たのと、そこで使ったテキストを1回読んだだけ。
本当はここに出ている内容も一通り目を通そうと思っていたが、全然間に合わず。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/certifications/exams/az-304
ここに出ている内容はボリュームがありすぎて一通りやったら、どれだけの時間がかかるのだろうか。

 

次は今回の試験とセットになっているAZ-303: Microsoft Azure Architect Technologiesをパスして、Microsoft Certified: Azure Solutions Architect Expertの資格を取得したい。
今回1回で合格できたので、かなり気が楽になった。
AZ-304も早々に予約して準備しよう。

 

追記
他の方の体験記を発見し、見てみたところ、私と同様に理解度のグラフと実際の点数に大きな乖離があった。
そういうものなのかもしれないな。

Xperia XZ3 SO-01LをAndroid 10にアップデートするのはまだやめておくべき

2020年3月14日(土)

 

Xperia XZ3 SO-01Lを使っている。
一週間ぐらい前に何気なく、Android 10へのアップデートを実施してしまった。
今はかなり後悔している。

 

アップデートしてみてわかったが致命的な不具合が多い。
・カメラが使えない。
・アルバム が開けない。
・スクリーンショット が保存できない。
・Playストア が強制終了される。
・電話の音が聞こえない、相手にも聞こえない

 

ネットで調べていろいろ試したけど、解決しない。
・再起動
・停止、起動
・キャッシュの削除
・セーフモード

 

 

SDカードとの相性が悪いのかと思ったけど、SDカードを外しても同じだった。
Playストアが強制終了されてしまうとアプリのアップデートが全然できない。
Pokemon GOやDQウォークはアップデートが適用できなくて、今はプレイすることができなくなってしまった。
これだけ不具合が多いけど、次のアップデートはまだ出ていない。
いつ出るのかもわからない。
今の状態だと、アップデートが出たとしても適用できるかも不明。

 

うまく解消できた人がいれば、解消法を教えてほしいです。

 

まだAndroid 10にしていない人は、アップデートはもう少し様子を見た方が良さそうです。

 

 

2020年3月19日(木)
朝、Chromeがアップデートされた通知があった。
その後、アップデートが適用できるようになり、カメラやPlayストアの強制終了については利用できるようになったことを確認。

ノートPC(マウスコンピューター m-Book R500SN-M2S5)とOffice 365 Soloを購入

2019年5月3日(金)

今、使っているパソコンがかなり古くなり、スペックも低く、動きも遅くなったので、ついに新しいノートPCを購入した。
マウスコンピューターのm-Book R500SN-M2S5。
ノートPCが家に届くのは、ゴールデンウィーク明け。

m-Book R500SN-M2S5
小計(税別)
109,800 円
送料/手数料(税別)
3,000 円
消費税(8%)
9,024 円
合計(税込)
121,824 円

 

—◆◇構成内容、一部抜粋◆◇————–
【 OS 】Windows 10 Home 64ビット
【 CPU 】インテル(R) Core(TM) i7-8565U プロセッサー ( 4コア / 8スレッド / 1.80GHz [ 最大4.60GHz ] / 8MBキャッシュ )
【 メモリ 】16GB メモリ [ 8GB×2 ( PC4-19200 / DDR4-2400 ) / デュアルチャネル ]
【 カードリーダー 】カードリーダー ( SD / SDHC / SDXC 対応 )
【 SSD 】512GB SSD ( M.2 SATA3 接続 )
【 液晶 】フルHD対応15.6型ワイド液晶パネル ( 1920×1080 / LEDバックライト / ノングレア )
—◆◇サービス◆◇———————————————
【 サポート 】[1年間 標準保証] 初期不良対応1ヵ月+センドバック修理保証

もちろんメモリ、ディスクなどはカスタマイズ可能。

マウスコンピューター/G-Tune

今まで使っていたPCもマウスコンピューターだけど、故障もなくて、満足していたので、またマウスコンピューターのノートPCを購入。
ちなみに今、使っている機種はLB-S210BS H116K。
メモリは4GBだし、もちろんHDD。

オプションでOFFICEをインストールすることもできたけど、やめておいた。
別でOffice 365 Soloを1年間契約した。
今、流行りのサブスクリプションというやつだ。
Office 365 Soloは5端末までOfficeをインストールできるし、One Driveを1TBまで利用できる。
One Driveを1TBまで利用できるとノートPCのバックアップはほぼいらないし、ノートPC2台の間でもデータを同期できるのが良い。
OFFICEも常に新しいバージョンを使えるのがいいよね。

年次請求
¥12,744

月払いでも契約できるようだと、12か月間契約すると、年払いの方がお得になる。

 

Microsoft Store (マイクロソフトストア)