花咲徳栄出身の現役プロ野球選手

近年、毎年のようにプロ野球選手を輩出するようになった。
引退した選手にはロッテで活躍した根元俊一などがいる。

2017年には埼玉県勢初となる夏の選手権で優勝を果たした。

 

花咲徳栄のWikipediaから現役のプロ野球選手をリストアップしてみた。

 

花咲徳栄高等学校
https://ja.wikipedia.org/wiki/花咲徳栄高等学校

 

高卒でプロ入りする選手が多いのが特徴か。
ドラフト上位で指名される選手も多い。

 

まだタイトルを取れるような選手はいない。
レギュラークラスには若月がいる。
清水達也は先発ローテーション入りを果たした。
次いで出場機会が多いのは楠本、愛斗になるか。

 

 

 

若月健矢 (2013年D3位オリックス)7年
打率 試合数 安打 本塁打 打点 得点 盗塁
2014
2015 0.091 5 1 0 0 0 0
2016 0.227 85 52 0 20 22 0
2017 0.202 100 44 1 18 16 0
2018 0.245 114 66 1 27 22 1
2019 0.178 138 53 1 21 21 2
2020 0.24 75 46 3 19 14 2
通算 0.215 517 262 6 105 95 5
楠本泰史 (東北福祉大-2017年D8位DeNA)3年
打率 試合数 安打 本塁打 打点 得点 盗塁
2018 0.205 56 15 0 2 4 2
2019 0.208 39 15 1 6 6 0
2020 0.154 28 4 1 1 6 0
通算 0.207 123 34 2 9 16 2
愛斗 (2015年D4位西武)5年
打率 試合数 安打 本塁打 打点 得点 盗塁
2016
2017 0.000 9 0 0 0 2 0
2018 0.000 2 0 0 0 0 0
2019 0.151 42 8 0 3 7 0
2020 0.154 7 2 0 3 0 0
通算 0.131 60 10 0 6 9 0
高橋昂也 (2016年D2位広島)4年
防御率 試合数 投球回数 ホールド セーブ
2017
2018 9.43 6 21 1 2 0 0
2019
2020
通算 9.43 6 21 1 2 0 0
岡崎大輔 (2016年D3位オリックス-2020年オリックス・育成)4年
打率 試合数 安打 本塁打 打点 得点 盗塁
2017 0.143 5 2 0 1 1 0
2018
2019
2020
通算 0.143 5 2 0 1 1 0
西川愛也 (2017年D2位西武)3年
打率 試合数 安打 本塁打 打点 得点 盗塁
2018
2019
2020 0.250 3 1 0 2 0 0
通算 0.250 3 1 0 2 0 0
清水達也 (2017年D4位中日)3年
防御率 試合数 投球回数 ホールド セーブ
2018 9.00 2 2 0 0 0 0
2019 4.33 8 35 1/3 2 2 0 0
2020 3.38 6 21 1/3 1 1 0 0
通算 4.14 16 58 2/3 3 3 0 0
野村佑希 (2018年D2位日本ハム)2年
打率 試合数 安打 本塁打 打点 得点 盗塁
2019
2020 0.257 21 19 3 18 8 0
通算 0.257 21 19 3 18 8 0
韮澤雄也 (2019年D4位広島)
打率 試合数 安打 本塁打 打点 得点 盗塁
2020
通算
井上朋也 (2020年D1位ソフトバンク)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。